HOME>ホットトピックス>足の発達を考えた素材や設計であることが大切

デザインより機能性

子供シューズはかわいらしいものなども多いです。しかし、デザイン性より重視したい点が、足の発育を阻害しないかどうかという事です。固すぎる素材やサイズが合わないものなどは足を傷めてしまう原因ともなります。大人のように細かい部分を自分で感じて伝えることが出来ない子供が多いので、その点はしっかりチェックしてあげましょう。小さい時期だからこそ、その後の発育に大きな影響が及ぶということがあります。実際に吐いて見て問題なく動けているかなどをチェックしてからの購入がおすすめです。通販などで購入すると、細かいサイズの違いなどが分からずにうまくいかないことがありますから注意しましょう。

本格的に歩く前にはソフトなものを

本格的に外を歩き始める前に、赤ちゃんの段階で利用する子供シューズについてはソフトなものにするのが良いでしょう。まだサイズがあっているかをしっかり確認しづらいので、場合によっては思ったよりきつすぎることもあるからです。

歩ける年齢なら履かせてチェック

自分で歩くことが出来る年齢であれば、子供シューズを履かせてみてきつくないかどうかチェックしてみましょう。緩すぎる場合も後から足を傷める恐れもあります。外から触ってみて緩すぎないか、少し歩かせてみて不自然な様子がないかなどについて見ながらチェックしてみてください。