HOME>注目記事>履きやすさ、動きやすさを頭に入れて購入を
足元

普段使いの靴

子どもの成長は著しいものです。この前までハイハイをしていたのに、すぐに伝い歩きをするようになった。そんな成長は親にとっても、とても嬉しいものです。お外に出かけて、一緒にたくさんのものを見て、季節の空気に触れて。1日1日の成長をさらに楽しめるようにお出かけの準備を整えましょう。子どもの成長にあわせて用意するもののなかでも大切なものとして、子供シューズが挙げられます。普段使う靴としては、やはり歩きやすく履かせやすい靴が一番でしょう。可愛らしい靴、素敵な色合いの靴などもたくさん販売していますが、やはり一番大切なことは子供の成長に関わるアイテムですので、運動しやすいものかどうか、足が痛くならないものかどうかをしっかりと判断することも必要になります。靴についているクッションや、靴底の作りなども、固すぎないかしっかりと衝撃を吸収するかなどをじっくり確認をしてから利用するように心がけましょう。

サイズチェックは念入りに

子供シューズを選ぶときには、まず一番最初にサイズが適切かどうかを確認することが必要になります。大体の月齢で大きさの判断の目安がありますが、やはりしっかりと子供の足と靴とを合わせてみるということが、ぴったりの靴を選ぶためのポイントとなるでしょう。とはいえ、まだ喋ることのできない子供の靴選びというのは、なかなか大変なものとなるに違いありません。大きいのか小さいのか、子供の表情から読み取ることもできないので、なかなか分かりにくく困惑することと思います。そういった場合には、売り場のスタッフに 声をかけてみる、ということも方法のひとつです。また靴というのは、ぴったりのサイズがいいというわけではなく、ある程度の余裕がなければいけないということも考 えておくべきです。従って足をしっかり包み込む靴、そしてサイズがぴったりと適切なものであること、さらに子供に喜んでもらえるようなデザインや色合いをしている靴を見つけるようにしてみてはいかがでしょうか。